昨日、今日富山県の入善町の津波被害のニュースがTVで流れています。

入善町というと、学生の頃、アルバイトで近くまで行きました。
今回と同じようにとても風が強く、テトラポットでしぶきを上げ、
防波堤へすごい波が押し寄せてくるのを間近にみて、
冬の日本海の風景は映画のシーンそのものだと思ったものですが、
今回はそれと比べものにならないくらい凄い津波だったのだと思います。
被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。

今回のような予想をこえた災害は手の打ちようがない気がしますが、
身近なところで、日進の東部丘陵が荒れ果て、はげ山になったとすると、
ちょっとした大雨でとんでもない水害が起こる可能性があると言われています。
もし保安林が解除されて木が伐採され、そうした被害が出たとすると、
これは単に天災でなくて、予想できたことなわけですから、
人災と言われても仕方ないかもしれません。
やれることはきちんとし、人ごとと思わず自分のこととして考えないと、
世の中よくなっていきません。

船場吉兆、赤福、さらには冷凍物に農薬と食の安全が崩れたところへ、
またぞろJR子会社の弁当消費期限改ざん。
まったく、世の中、少しぐらいいいだろうという安易な考えが蔓延している気がします。
人のふり見て我がふり直す。
市民の安心、安全のための準備を考えると、
行政はそうしたことについて、厳しすぎるくらいがちょうどいいと思います。
また、被災時のマニュアルもあるだけでなく、そのとおり行えるように、
日頃から行政も市民も、一人一人がしっかりとした行動をとれるように、
みんなが心の準備をしなければと思うところです。
私も気を引き締めて日々を送らなければ・・。

ところで、今日は大学の2次試験でした。
天候でトラブルのあった会場もあるようですが、
受験生の皆さん、実力を発揮できましたか?
「サクラサク」なんて古いかもしれませんが、結果が楽しみですね。
2008.02.26 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://nissinforever.blog90.fc2.com/tb.php/230-64fc428b