「暑い、暑い」と書きたくないですが、
本当に今日も一日暑かった・・・。
と言いながら、今日はほぼ事務所詰めでしたので、
昼一番のアポと夕方の市役所へ用事で出かけた以外は
エアコンの効いた空間で過ごす時間が多くて、
外回りの皆さんには申し訳なく思います。

さて、梅雨も明けて35度を超す気温となりますと、
心配されるのが「食中毒」です。
愛知県健康福祉部は昨日8日午前に、
今年1回目の警報を発令したところですが、
今夕は食品衛生協会日進市支部の皆さんとの懇談会でした。
前段の研修会では食中毒予防の3原則、
1.菌をつけない(手や包丁。まな板を洗浄・消毒する)
2.菌を増やさない(早めに食べる、冷蔵庫で管理するなど)
3.菌をやっつける(食品内部まで十分加熱する)
を確認させていただき、ヒラメ刺身、馬刺しの食中毒の原因、
「クドア・セプテンクプタータ」「サルコスシスティス・フェアリ」
という舌をかみそうな名前の寄生虫の話もお聞きし、
日頃は家族や仲間と何気なく外食をしたりしますが、
食品を扱う業界の皆さんが事故がないように、
こうして一生懸命勉強され頑張っておられることがわかります。

「食」は命にかかわることですので、
まずは身近なそれぞれのご家庭で食中毒がないように、
今一度心構えをすることも必要かもしれません。




2013.07.09 / Top↑
Secret