最近、情けないことに夜が弱くなり、
タイトルの2つの催しに行ったのに昨日もブログを書かずに寝てしまいました。

一つ目は、道路に雪が残る午前、岩崎台・香久山福祉会館での、
「香久山小学校金管バンド 第4回発表会」です。
写真のように大勢のお客さんが集まり、
発表会

2部構成で全7曲が演奏されましたが、
金管バンド

それぞれの曲を6年生の部員が解説をして、また指揮をして聞かせてくれました。
楽器紹介では、楽器の特徴を少しの演奏も交えて、
とてもうまく紹介してもらい、またマウスピースだけでキラキラ星を聞かせてもらうなど、
演出も素晴らしく、あっという間の1時間でした。
多くの観客は親御さんだと思いますが、子どもの成長をうれしく思われたことでしょう。
現場で4名ほど、客席からは5名ほどの先生も見守っておられ、
子どもたちをしっかり指導してくださった先生方には本当に感謝、感謝ですね。

これだけ多くの来場者があったので、
金曜日から始まっている作品展もお客さんの入りが多かったのではと、
ちょっと気になるところでした。

さて、午後は中央福祉センターで開かれた「いきいきライフ講座」の1回目でした。
「海外でのボランティア事情」~充実感という宝物~と題して、
オーストラリア出身で塾の講師をしているダニエル スペイトさんによる講義でした。
ライフ講座

演題のボラティアの話もなる事ながら、
日本についての印象、気になることやトライアスロンの話など、
とても面白く聞けた2時間を過ごさせて頂きました。

ゴミ(たばこ)のポイ捨て、車のウインカーを出さない、電車の中での化粧などといった、
テレビの公共広告で有りそうな点がやはりおかしいということで、
外国の方から指摘されると、ますます恥ずかしい気がします。
またレジュメにあった日本についての印象に「あいさつ」「政府」とあり、
話を聞けなかったので最後に質問させて頂いたところ、
子ども挨拶は良いと思うが、大人ができないと指摘されました。
そういえば私も子どもには声をかけることができますが、大人に方には・・・で、
返事が頂けないからと遠慮せず、挨拶くらいはしようと思いました。
また、政府については政治家は自分のことしか考えない、国民の声が届いていない。
切り替えが遅いので、対策が後手を踏むという印象だと聞きました。
これまた耳の痛い指摘で、我が身を直そうと思った次第です。
また、以前フルマラソンに年2回参加し続けて(他にハーフ、10キロくらいも)、
トライアスロンに挑戦したいと思ったことのある私としては、
そちらも、もっと話を聞きたかった意見交換したかったですが、
またの機会にお会いできればと思います。

この講座、年配の方12~3名が受講されていました。
次は来週、愛知学院大学の先生と里山リーダー会の方との対談形式の講座だそうです。
来週は行事も多くじっくり聞けないかも知れませんが、楽しみです。
2008.02.11 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://nissinforever.blog90.fc2.com/tb.php/217-26ec2926