連休の初日の今日、午前から雪が降り始め、
何とあっという間に、この日進市も雪国となってしまいました。

私は朝から少年野球の手伝いで総合運動公園へ出向いたのですが、
すぐに頼まれ仕事が入りグランドを抜けたとたんの降雪でした。
練習中止の連絡で戻ってみると、運動広場は真っ白。
選手達はたまの休みできっと家でのんびりできるのでしょうが、
いずれにしても、連休でかける予定のあったご家庭には、
とんでもない雪だったことでしょう。
少なくとも買い物やちょっとしたお出かけもできず困られたことと思います。

富山で学生生活を送った私にとって、雪はいろいろな思い出があります。
初めての冬は、腰から多いときは肩くらいまで積もった雪が嬉しくて、
下宿の雪下ろしをせっせと手伝ったり、
また別の年は年末ぎりぎりまでアルバイトをして帰省するのに、
大雪で(56豪雪)高速道路が通行止めで、
永平寺近所の民宿1泊、車中1泊という3日がかりとなってしまい、
年が明けてから実家に戻ったことは忘れられません。
車中泊の時は、ガソリンがなくなるのを防ぐためエンジンを切っていたので、
とんでもなく寒い思いをしたことなど、まさに雪国のつらさを思い知った、
学生時代でしたが、今でも雪を見ると、そういった地方の苦労を思い出します。

雪だるまを作ったり、雪合戦で楽しんだ子どもたちも多かったことでしょうが、
温暖化が進んでいるとはいえ、自然の循環がおかしくなっている部分もあるので、
突然のドカ雪もありだと思います。
交通の不便さを考えると災害時と同じく日頃の準備が必要なのかもしれません。
2008.02.09 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://nissinforever.blog90.fc2.com/tb.php/216-d0efffb5