「右をみて、左をみて、もう一度右をみて・・」
このフレーズをおわかりでしょうか。
私が子どもの頃教わった横断歩道の渡り方です。

これが車の運転ですと先に左を見ないと、
自転車などが交差点に突っ込んでくることもあるので、
先のフレーズはあくまでも歩行者用だということですが、
いずれにしても交通事故死ワーストを続けている、
愛知県においては特に交差点事故を防ぐ意味では、
停止線では必ず一旦停止、その後は徐行で交差点に進入し、
安全を確認して発進する基本に戻って運転したいものです。

先週末から交通安全県民運動なので、
この話題から入りましたが、
今日は県内小学校や県立高校の入学式で、
私も日進西高校の入学式に参列させていただきました。
県立高校ということもあって一番目の来賓挨拶でしたが、
本当なら希望に胸を膨らませている新入生に、
気の利いた話しの一つもしなければならないのですが、
このところ何かとバタバタしていて読書もできず、
桜が満開でなかったのと同じくらい少々残念な祝辞だったと、
悔やまれ、申し訳なく思うところです。

相変わらず追われながらの仕事ということで、
余裕がないのがよろしくないので、
冒頭の「交差点通行」ではありませんが、
ここは思い切っていったん立ち止まって、
いろいろ反省も含めてじっくり考えなければと思います。
買い置きしてある「ニーチェ」の本も読まなければ・・。



2013.04.08 / Top↑
Secret