2月定例議会の議案質疑が終わり、
今日は朝一番から補正予算、専決処分他、
早く議決を要する議案についての審議が、
附託された各常任委員会で審議となりました。
その審議結果(全て承認すべきもの)が、
577429_418169171611454_108142096_n.jpg
自民党県議団議員総会で報告されることとなり、
午後からの本会議で一括採決の結果、可決承認されました。
あっという間の本会議・・・。

このところのブログで書いていますが、
今、愛知県議会では議会基本条例を策定するための、
検討会議がもたれていますが、各会派で検討するために、
我が党の場合はプロジェクトチームを編成し、
昨日も明後日も立て続けに会議が招集されています。
今日のような簡単に終わる本会議を見る限り、
一般の方からは「何をやっているのか?」と思われるので、
「改革をするなら条例制定でその姿勢をみせろ」
と言われそうですが、手順でいうと委員会での議論、
会派での議論、「会派の態度」を経て本会議となるのは、
民主主義における必要な議論はしっかりしながら、
不要な時間のロスをなくすということで、
確かに本会議という一番開かれた場所での、
議員同士の議論をみたい聞きたいと言う、
ご意見も多いかもしれませんが、
問題は県民の為の政策が本当に議論され進むかどうかで、
議会を劇化してパフォーマンスをするものではないので、
議会基本条例制定で変わることはなかろうと思います。

日進市議会議会基本条例策定でも思いましたが、
議会として皆さんにその活動をもっと認知いただけるよう、
あるいは「開かれた議会」にすることは必要ですが、
要は問題は個々の議員がどれだけ自覚をもって議員活動、
政治活動をするかということに帰結するので、
私の場合、今日も本会議後に自分の所属する、
地域振興環境委員会関係の予算について、
担当部局から気になる項目について詳細を聞いて、
今度の委員会で質問をどうするか備えるようにしますが、
やることをきちんとすることが大切だと思います。
そしてその活動をまたきちんと発信することで、
皆さんの理解を得られると思います。

いずれにしても、明日も基本条例検討PT会議ですが、
愛知県議会らしい良いものになればと思います。



2013.03.12 / Top↑
Secret