東北視察二日目、一関市から気仙沼へ早朝の移動、
各駅停車で1時間揺られて到着しましたら、
昨夜からの雪と今朝の冷え込みで道路は凍ってました。
レンタカーを借りて慎重運転しながら、
まずは宮城県気仙沼地域振興事務所に伺いました。
\2.5気仙沼視察
T所長はじめ、K水産漁港部長、
愛知県より派遣のTさん、Yさんから漁港施設等の、
災害復興業務についてお聞かせいただいたあと、
車で漁港を視察しながら、大船渡に向かいました。
陸前高田近辺で打ち上げられた未だに移動されていない船、
2.5陸前高田ー1
以前は山のように積まれていた震災ガレキも、
2.5陸前高田ー2
ずいぶんこの施設で処理されているようでした。

昼前には二年前にも伺った地元新聞東海新報社を訪問。
\2.5大船渡ー1
現地を回りながら復興状況を説明いただきました。

商店主が屋台村をだされているということで、
今回は陸前高田で出したばかりの店を流されたすし店で、
\2.5屋台村
店人気NO.1の「まかない丼」いただきましたが、
ここも数年でこの施設から出ないといけないとか、
また地域では行政の示す都市計画が住民との意見があわず、
いろいろな問題があり復興が進まない現実を知りました。

また仮設住宅や在宅介護者の見守りをされている、
カリスタ大船渡ベース地の森いこいの家も訪問、
\2.5大船渡ー2
仮設住宅の細かな問題点などをお聞きしました。
こうして現地のお話を聴いてもお手伝いになりませんが、
愛知県で起こるであろう震災の減災のために備える、
また震災後にどう活動したらいいかに備えるという意味で、
反映できるように考えてまいりたいと思います。





2013.02.05 / Top↑
Secret