今日は久しぶりにこれと言った用事もなく、
朝から各社新聞をじっくり読むことができました。

「朝日新聞グローブ」(月2回の日曜版)にも、
目を通しましたが今回はドイツの話しでした。
ちょうど昨日国際交流協会市民フォーラムで、
ドイツ留学経験のあるソプラノ歌手の下垣真希さんから、
ヨーロッパの中でのドイツの特徴などの話しを聞いて、
敗戦国、質実剛健、勤勉などと共通項が多い、
日本とドイツですが、日本は米国寄り過ぎだったかと、
あれこれ考えを巡らせていたところでしたので、
メルケル首相の話や財政規律のについてなど、
そうだったかと思い当たることも多く、
興味深く読むことが出来ました。
またさらに調べて見ようと思います。

それにしても天気が良いと出かけたくなるもので、
視察の準備のための買い物出かけ本屋にも寄れて、
何だかリフレッシュ出来た気がします。
節分の空
写真は変わった雲でしたので思わずパチリですが、
「なに雲」なんでしょうか?FBでアップしたら、
何か不吉な雲でしょうか?!と書き込みがありました。

ちなみに今日は「節分」。
本来四季を分けるという意味でもともとは、
各季節の始まりの日、すなわち立春・立夏・立秋・立冬の、
それぞれの前日のことをいっていたようです。
そらが旧暦で立春が年の始まりであることから、
いつしか節分と言えば立春の前日となったようですが、
季節の変わり目に邪気が生じるということから、
豆まきも(食べる習慣も)始まったとのこと。
確かに季節の替わり目に体調を崩すことも多く、
昔の人たちはそうしたことをよく理解していたのでしょうね。

我が家も今日は豆まきと年の数だけマメを食べ、
また恵方巻きもほおばり、一年の息災を祈願しました。
こうした伝統も今一度その由来を確認することもありだと、
余裕のある一日に感謝でした。

ちなみに夕方になって毎年恒例、市民会館での、
「日進バンドフェスティバル」に行きそびれたと反省でした。

明日は早朝から岩手に飛び、7日木曜日まで、
宮城、福島と震災の復興状況について、
愛知県職員派遣先を訪問して調査してきます。



2013.02.03 / Top↑
Secret