今朝は市役所で用事を済ませてから、
県議会農林水産委員会が県内調査で愛知池近くの、
東郷発電所(小水力発電)を視察するということで、
地元議員として参加させていただきました。
先に独立行政法人水資源機構愛知池管理事務所で、
東郷発電所-3

東郷発電所-4
説明、質疑応答のあと現地へ移動し視察となりました。
東郷発電所-1

東郷発電所-2
2005年に作られたこの発電所は、
常時愛知用水利用者に水を供給するということで、
大雨などの際も流水制限をする必要もなく、
年間を通して雷などのトラブル以外はほぼ運転し、
計画発電量をこれまでずっと上回るよい運営とのこと、
最大落差21mを利用して、年間約7,300MWh発電。
一般家庭(4人世帯)約2,000世帯分、
CO2換算では原油ドラム缶1万本の削減に相当と、
先日のメガソーラーと同規模の小水力発電所です。

愛知県ではこうした農業用水路などを利用した、
再生可能エネルギーである小水力発電をもっと増やそうと、
計画しており期待したいと思いますが、
ここほど良い条件のところはそうそうあるものではなく、
費用対効果やほかに地域振興面など総合的に、
きちんと進めていただきたいと思います。

午後は三本木地区の自民党員戸別訪問でした。
先日に続き、多くの方と話せましたし、
特にじっくりお話しさせて頂いたかたもいて、
本当に有意義な半日となりました。

古谷議長には忙しいところ同行頂き、
ありがとうございました。お疲れ様でした。




2013.01.21 / Top↑
Secret