今日は日進市北新町の、
名古屋瀬戸道路対策委員会の皆さんと県への陳情。
名古屋瀬戸道路が「愛地球博」を期に計画され、
その開幕、日進ジャンクション北側共用開始後も、
毎年のように陳情をして頂いているもので、
萩野日進市長始め建設部関係者も一緒に陳情。
北新陳情-1
まずは尾張建設事務所を訪れ名古屋瀬戸道路、
および岩作諸輪線歩道設置の2点要望。
北新陳情-2
また昨年からは本庁建設部へも陳情と言うことで、
今年もH技官始め部局関係者に同様の陳情をしました。
北新陳情-3
「厳しい財政状況」という文句が最初に出るように、
大きな進展は期待できないものの、
私としても日頃から事ある毎に訴えていますが、
こうした活動を通して地元の生の声をお聴き頂き、
理解頂くことが必要であり大切だと思いますので、
皆さんと連携してしっかり要望活動を続けたいです。

県庁ではこの他いくつかの頂いている要望に関して、
執行部と打ち合わせをしましたが、
やはりとにかく話すたびに問題に対して、
担当部局が細分化されすぎている、
仕方ないのかもしれませんが、
もう少し横断的に検討いただかないと解決が難しい、
今日もそんな気がしたすりあわせとなりました。
こうしたことも本会議一般質問、委員会質疑、調査会などで、
声をあげていきたいと思います。

夜は名古屋で愛知県食品衛生協会懇談会へ出席、
食品衛生協会懇談会
(写真は澤田副議長の挨拶で紹介される、
衆議院選挙候補予定者の長坂議員と大見議員)
今年は協会の55周年を記念しての会となり、
食品衛生対策議連のメンバーで地域の皆さんと、
懇親を諮りながらいろいろお話しをお聞きしました。
保健所の管轄が地元自治体の広域活動と連動しておらず、
少々不自然な状態であることも理解できました。
過去の行革での経緯もあると思いますが、
理不尽な区割りで不公平があってはいけないので、
この他にも同様なことがないか確認をして、
改善策を提言できたらと思います。
2012.11.12 / Top↑
Secret