近藤ひろひとです。

県議会一般質問最終日、
今日も7名の議員が質問に立ちました。

15番 東 裕子議員 (日本)
1.愛知県のフェイスブックの活用について
2.愛知県図書館の果たす役割について

16番 石塚吾歩路議員 (自民)
1.津波一時避難所としての高速道路の活用の動きについて
2.道州制と中京都について
3.名古屋港管理組合について

17番 小山たすく議員 (民主)
1.交通事故対策等における民間企業との連携について
2.災害廃棄物の受入れ中止について

18番 伊藤辰夫議員 (自民)
1.石油コンビナートの防災対策について
2.青少年の健全育成について

19番 荒深久明臣議員 (日本)
1.高齢者の交通事故対策について
2.学校給食モニタリング事業について

20番 渡会克明議員 (公明)
1.建設事業について
2.交通安全対策について

21番 筒井タカヤ議員 (自民)
1.県営住宅の管理について、
早急に「抜本的な」見直しを求める。
2.県関係団体及び一部事務組合等の実質責任者
(理事長や副管理者等)が国・県のOBで、
なければならないのは、なぜか。
3.県関係団体の理事長の退職金は「ゼロ」となっているが、
名古屋港管理組合や県競馬組合の実質責任者である
副管理者の退職金が支給されているのは、なぜか。

以上で今議会の一般質問が終了。

本会議終了後は、ご覧の畜産議連総会で、
畜産議連9.28-1
県内畜産関係者から来年度向けの要望をうけました。
畜産議連9.28-2

さて、来週は各常任委員会での審議となり、
また委員会での一般質問もあるので、
私も地域振興、環境それぞれで質問を検討していますが、
公営企業決算特別委員会のための読み込みもあるので、
ちょっと整理しないと頭が混乱しそうです。



2012.09.28 / Top↑
Secret