近藤ひろひとです。

今朝は前に勤めていた会社の会長が亡くなったと、
新聞で見つけショックでした。
当時は日本一の繊維商社と言われた会社でしたが、
課別独立採算制経営で本当に良く働かせていただきました。
「企業は環境適応事業」と書かれた企業説明のパンフを見て、
とても共感するところがあって入社最終面接で話したことや、
毎年の個別面談のことを今も思い出します。
退社してからもハガキを頂いたりお気遣いいただき、
本当にお世話になりました。
議員になったことは伝わっていたでしょうが、
直接報告する機会もなかったのは本当に残念で、
今日はあいさつ運動をパスして、登庁前にご自宅へ、
焼香に伺わせていただきました。
心からご冥福をお祈りします。

前置きが長くなりましたが県議会は今日代表質問。
代表質問9.25
我が会派自民党県議団は東海市選出の神野幹事長はじめ、
各会派の代表が県政一般について様々な角度から質問。
同じような質問もありましたが県の考えを聞けました。
詳細については書き切れませんが、やはり心配なのは、
来年に向けても税収増加が見込まれず、
厳しい財政となることが予想されることです。
義務的経費は増える一方、投資的な事業を進められなくなる、
といった悪循環に陥っていくことが問題でしょう。
今、私たちは要望ばかりでなく、この難局を乗り切る方法を、
当局と共に考え皆さんに説明する義務もあるかと思います。
格好いいことを言っていても船が沈没しては仕方ありません。
しっかりといろんな報告をさせて頂きますので、
ご理解頂けますようお願い致します。

今日の会議が終了後は自民党県議団水産議連総会。
水産議連総会1
愛知県水産漁連の代表の皆さんから要望を頂きました。
水産議連総会2
議連を通して各種団体の要望をお聞きして、
県の来年度の予算に反映できるよう努力するわけですが、
県財政に直結する産業の継続育成ですので、
ましてや食にかかる分野ですので非常に重要ですが、
これもしっかり精査してあげなければならないと思います。



2012.09.25 / Top↑
Secret