今日は、阪神淡路大震災からちょうど13年目でした。
あの日は日進市でもずいぶん大きめの揺れが2度(3度?)くらい、
ホントにタンスが倒れて来て、つぶされるかもというくらい、
長い時間(朝方寝ぼけていたこともありますが)の地震だったことを思い出します。
年々こうした記憶も薄れていきますが、
数年前に淡路へ旅行へ行って地震の跡を見たそのすさまじさを思い出して、
この地方でも言われ続けている大地震に備えたいとあらためて考えます。

地域の自主防災会さんは、防災ニュースを今も定期的に配布して、
いつ現実になっても良いように、啓蒙活動をしてくださっています。
起こることは防ぎようがないので、起こったときにいかにみんなが助け合って、
はやく正常な生活に戻れるかだと思います。
私は、地域の皆さんの日頃の行動を見るに、
きっと素晴らしい連携で困難を克服していけると感じています。
昨今、近所つき合いが希薄になっていると言われてはいますが、
なんのなんの、結構みなさんお付き合いされてます。
自治会を中心にさまざまな団体が日頃から催しを通じて、
心を通わせているからこそ、そう感じられるのだと皆さんの活動に感謝感謝です!!

コミュニティーの基本はあいさつから、
大人もこどもも元気に「おはよう」「こんにちは」「さようなら」を言い合いたいですね。

今日は、こんな一般的な話しで終わらせて頂きます。
2008.01.17 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://nissinforever.blog90.fc2.com/tb.php/190-aaeedadb