近藤ひろひとです。

明日の9月定例議会開会を前に、
今日はタイトルの私学助成のあり方検討PT会議。
私学・・PT
自民党県議団は県に関わる様々な問題について、
様々な機会を通して執行部に要望、提言をしますが、
特にこれはという問題はプロジェクトチーム(PT)を、
構成して詳細に調査、議論をし提言をまとめます。

今回の会議が何回目になるか忘れてしまいましたが、
今日は教育委員会、私学振興室関係者も同席し、
これまでの議論の確認をすることとなりました。
このPTは私学全体ではなく「高校」だけに集中しますが、
県財政が厳しく、また少子化で生徒数減少が予想される中、
私学助成をどうするか県立高校との関係も踏まえ、
検討を進めており、県立高校の複合選抜に関してや、
経済的に弱い立場にある家庭の方に対する推薦枠等々、
たくさんの切り口があるなかで、
今回は論点を進学率に絞って議論し提言をまとめる方向です。

まだ途中ですので、詳細は書けませんが、
本当にたくさんの資料を読み込み説明も受けながら、
議論が進められますので本当に勉強になりますが、
いろいろ論点があって複雑な問題があることがわかります。
難しい問題が絡み合っているので大変ですが、
考えるべきは子どもたちがいかに良い教育を受けられるか、
このことを念頭にさらにしっかりと議論をしたいと思います。

ところで今日登庁しましたら、自民党県議団控室入り口の、
登庁表示板の名前の位置が変わっていました。
登庁札
考えたら、これは岡崎市長選に立候補を予定されている、
内田康宏先生が先頃辞職したことによるもので、
他会派県議も同様に辞めていて2名の欠員に対する、
補欠選挙もあるので今後さらに変わるかもしれません。
何度も自分の名前の位置が変わるのはとまどいますが、
是非仲間が増えることを期待したいです。


2012.09.19 / Top↑
Secret