近藤ひろひとです。

今日は日進市内で一番早い開催となりました、
米野木敬老会に来賓として出席させて頂きました。
米野木敬老会1
セレモニーでの区長さんの挨拶によると、
昨年まで女性の会から今年は米野木区の主催に、
なったとのことで、各地区それぞれ事情が違い、
横並びでなくいろいろなやり方があるというのが、
地方の時代といわれる今の流れでしょうか。
いずれにしてもお元気な皆さんばかりで、
特に子どもも増えつつある米野木地区ですから、
これからさらに活気ある地区になることでしょう。

アトラクションは地元鳴子踊りの皆さん、
米野木敬老会2
そして愛知警察音楽隊の隊長を務められたという、
米野木敬老会3
日進団地のYさんのサックス演奏。
米野木敬老会4
懐かしい曲の演奏に会場の皆さんは、
思わず口ずさむ盛り上がりでした。

それにしても会場でいただきました、
「国政はどうなっている、自民党もダメだ!」
というお声には何とも耳が痛く、
地方議員とはいえ所属の関係者として、
責任を感じるところでお詫び申し上げたいと思います。

ただ国の行方を決める衆議院は、
いわゆる「国民の信を問う」ということで解散があり、
その政権がNOということであれば、
普通の任期満了を待たずに交代することもあるわけで、
人で言えば病気を治すのに外科治療か内科治療か、
あるいは併用か、もちろん複合的な病気ともいえるので、
そう簡単ではないにしても、
多くの国民が任せられないと思っている以上、
早く交代してもらった方が対処ができるというところで、
時間が過ぎるにつれ病状は悪化するものだと考えるのが、
一般的ではないかと思うところでもあります。

いずれにしても、2大政党は党首戦があるわけで、
どんな日本にするのかそのビジョンを是非とも、
示していただきたいと思います。


2012.09.09 / Top↑
Secret