近藤ひろひとです。

9月最初の日曜日、
子どもたちにとってはおまけの夏休み最終日ですが、
私は午前、口論議公園野球場で開催の、
ライオンズ杯争奪少年野球大会開会式へ参加。
近隣3市1町から21チームが参加したこの大会、
グランドに整列した選手に負けないくらい並んだ、
ライオンズ杯-1
行進する選手達を見守る指導者や、
大会主催者、審判団の皆さんに注目して、
「このように大勢の皆さんに支えられて、
野球をやっていることに感謝して頑張って・・」と、
来賓挨拶をさせていただきました。
ライオンズ杯-2
力強い選手宣誓を聞かせいてもらいましたが、
大会も残り試合も少なくなってきていると思います。
もちろん親御さんにも感謝して最後まで、
これまでそれぞれのチームで練習したことを、
思い切り出し切って欲しいと思います。

野球のあとは、日進市赤池地区の「子ども相撲大会」。
赤池子ども相撲-1

赤池子ども相撲-2
日本の伝統スポーツである「相撲」を、
毎年、区の役員、子ども会、老人会の皆さんが、
続けてくださることに感謝です。
子どもから高齢者まで一緒になって土俵に注目して、
世代を超え、近所つき合いも深まるというものです。
今の時代「ここから横綱を・・」とはならないかもですが、
どうか末永くよろしくお願いしたいと思います。

午後は告別式に参列して、その後特に予定もなく、
久しぶりに少しのんびり出来ました。
本当は片づけ仕事をと思いましたが、
少々疲れもたまっていたか、座ってウトウト・・。
これで充電完了、明日からまた頑張りますぞ~!!


2012.09.02 / Top↑
Secret