近藤ひろひとです。

今朝は久しぶりに朝起き会からスタート。
今日は名古屋会館落成記念日ということで、
大勢の皆さんが来られた感じでしたが、
演壇も通常と違い原稿を用意されてのお話で、
訴えたいことがよく分かりました。

気持ちのいいスタートをした午前は、
まず愛知池を管理される水資源機構事務所へ行き、
愛知池-1
半田市JCの企画「オモイヤリ・ジーャニー」でこちらを訪れる、
愛知池-3
子どもたち約100人を迎えました。
このツアーは愛知用水の源流(牧尾ダム)から、
自分たちの住む地域まで水がどのように流れるかを、
この連休をつかって2泊3日で体験するというもので、
二日目の今日はここで愛知用水についてを学んでくれました。
私も冒頭、来賓の挨拶で「50周年を迎えた愛知用水が、
農業、工業の発展をこの地域にもたらしたことを少しでも学び、
また水の大切さを理解することで人間の結びつきも、
重要だと分かってもらいたい」話させてもらいました。
また再生可能エネルギーに興味をもってもらいたいと、
愛知池で行っている「小水力発電」についても話しました。
機構が用意したDVDと愛知用水建設に関わられた、
Yさんのお話に耳を私も一緒に聴かせていただきましたが、
愛知池-2
Yさんのお話では「水」から「食」におよび、
90億人になるとされる世界での人口増を考えると、
私たちはグローバルにみて食糧に関しての危機意識を、
特に政治家はもっと持つべきだと思い知らされました。
そうした意味では私自身ここへ参加したことで、
子ども達以上に有意義な時間を過ごせたと思います。
有り難いお話です。感謝!

日中はもう一つ、岩崎御嶽神社で霊神際に参列。
御嶽社霊神祭-1
1時間半にわたる神事で私も玉串を捧げさせて頂きました。
御嶽社霊神祭-2
社務所での直会(なおらい)ではそうめんをいただきながら、
何人かの方の相談事のお話をお聞きしましたので、
休み明けに関係部署へいって話してきたいと思います。

夕方からは折戸区の天王祭り提灯行列でした。
折戸・藤塚・栄から大勢の子どもたちが参加して、
折戸提灯祭り-1
提灯をもって練り歩き、終点の公民館駐車場で、
折戸提灯祭り-2
子ども太鼓や鳴子踊りが披露されました。
これで子どもたちもみんな無事に夏を乗り切れると思います。

夜は息子二人がお世話になった(一人は現役)、
ボーイズ(硬式野球)チームの監督還暦祝の会に参加。
久しぶりに集まるメンバーと楽しい時間をすごしました。
今年のチームは弱小でしたが先の選手権では全国へ、
もう一歩というベスト4で、これを糧にまだまだ頑張られる、
とのことですので是非全国へ何度も行っていただきたいです。




2012.07.15 / Top↑
Secret