近藤ひろひとです。

臨時議会明けの今日何とも言えない余韻が、
頭に残っているようなそんな一日でした。
午前中デスクワークのあと名古屋で開催の、
(社)愛知県宅地建物取引業協会定時総会へ出席でしたが、
出かける間際にたまたまいつもお世話になっている方の、
奥様が亡くなられてつい先日葬儀も済んだと耳にしたので、
いても立ってもいられず名古屋へ遅れることを覚悟で、
ご自宅へ焼香にお伺いしました。
4月くらいから入退院を繰り返されていたとのことで、
お世話になりながら、そうしたことすら知らず、
お見舞いにもお通夜、葬儀にも行けず、
本当に申し訳ない気持ちで一杯になりましたが、
でもずっと知らなかったよりも早くお伺いできて、
焼香させて頂けて良かったと気持ちを切り替えながら、
普段の皆さんのお声が届くようになっていなかったことは、
しっかり反省をして参りたいと思います。

さて、宅建協会本部の総会は毎回のことですが、
愛知宅建定時総会5.24
私はもちろん一会員での出席ですが、とにかく来賓の多いこと!
知事ほか国会議員(ほとんど代理)関係団体代表でざっと50人。
主催者側として会長と愛知出身の全国宅建会長の二人が挨拶、
その後来賓の祝辞でしたが大村愛知県知事から始まって、
挨拶しなかった来賓の紹介まででかかった時間は1時間。
結局定時総会が終わったのが4時、そこから愛政連総会と続き、
新旧役員引き継ぎ懇親会が始まったのが5時でした。
今日で退任する幹事でしたので懇親会までいましたが、
電話やメールがたくさん入っていて開会してすぐに退席。
事務所へ帰って仕事・・・。

と、ダラダラ書きつづってしまいましたが、
前述しましたように全国宅建の会長は、
私が支部評議員成り立ての頃の愛知宅建の会長ですが、
「不動産の取引件数は徐々に増え、地価も底をうった」
と挨拶の中で話されたことが印象に残りました。
昨日の竹中平蔵先生の話にもありましたが、
経済の指標はいくつかあってGDP、株価、為替、
そして地価も特に国土の狭い日本にとっては、
とても重要な指標になると私は思いますので、
業者としてではなくていつも気にしているつもりでしたが、
やはり普段はあまり目に付かない数字ですので、
今日の話しは大変喜ばしい傾向ではないかと思います。
そう思っていましたらニュースでも「景気は緩やかに回復」
と報道されていて、まずは景気が良くないといけないので、
とにかく実感はありませんが、話しを信じて頑張っていきたい。

一日マスクをしていたこともあり、どうもスカッとしませんが、
明日からもしっかりやっていこうと思います。

2012.05.24 / Top↑
Secret