近藤ひろひとです。

ゴールデンウイーク前半3連休の最終日の午前は、
10時前に名古屋市にある愛知縣護國神社へ。
護国陣社春のみたま祭-1
護国神社へ参拝する自民党愛知県議会議員の会として、
愛知縣護國神社春のみたま祭へ参列しました。
護国陣社春のみたま祭-2
以前参拝したときにお聞きしましたが、
護国神社には過去の戦争で命を落とされた、
愛知県にゆかりのある御英霊9万3千余柱が、
護国の大神様として祀られており、
こうした大祭でなくても毎日朝一番に祈祷があるとのこと。
今日の厳かな祭典に参列して私としては気持ちもあらたに、
我が国を守るために亡くなられた方々に心から感謝すると同時に、
過去に起こしてしまった戦争の悲惨さを痛感します。
少し前に憲法改正の事を書きましたが、
「不戦の誓い」は絶対に守らなければなりません。
ちなみに「みたま祭」は愛知県議会議長が祭典委員長で、
式前半で精覚真流庖刀式(箸と包丁で魚をさばいて奉納)、
を観させて頂きましたし、国歌斉唱では、
正式なスタイルとして2回歌うことも知りました。
出かけることで知らなかったことを知ることができ、
本当に有り難い立場を頂いていることに感謝です。

今日はこうしたこともあり、
声を大にして話したくなったので、
ゴールデンウイーク前半3連休の最終日ですが、
浅間下交差点街宣4.30
日進市内交差点で街宣活動をさせていただきました。
不戦の訴えだけでなく先日の講演会で質疑のあった、
生活保護と年金の話しや昨日の映画で問題提起されている、
原発のことなどを訴えさせて頂きましたが、
これからも時間があれば街にでて話したいと思います。

2012.04.30 / Top↑
Secret