近藤ひろひとです。

昨夜、県から「あいちトリエンアーレ2013」について、
電話で報告がありました。その内容は今朝新聞に掲載された、
岡崎市を会場として考えるというものでしたが、
私は県議会の特別委員会や2月議会の議案質疑で、
前回は「あいち」でなく「名古屋トリエンナーレ」だったので、
次こそ「あいちトリエンナーレ」となるよう、
県下いくつかで展開、広範囲で開催できないか、
という意見、要望をしていましたので、
今回は岡崎市も会場となるということで、
「トリエンナーレ」の言葉のごとく今後3年毎に、
毎回毎回ひとつずつ会場が増えて開催していけば、
県内でずいぶん現代アートに接する機会が増えて、
間違いなく愛知県の文化レベルもあがると期待されます。
まずは2013開催のトリエンナーレを、
愛知県の皆さんにしっかりアピールして、
もちろん県外国外へもひろく広めて成功させたいと思います。
皆さんも大いにご注目、楽しみにしてください。

さて今日は午前、日進市竹の山に完成した、
「日進市障害者福祉センター」開所式典がありました。
障害者福祉センター開所式
朝は曇り空でしたが式典の時は開所を祝福するかのように、
晴れ渡り大勢の皆さんがお集まりの中式典、テープカットがされ、
いよいよお披露目、内覧会となりました。
ふんだんに木が使われた会議室スペースは天井が高く、
利用者との打ち合わせが十分され完成したセンターが、
ゆったり心を和ませる施設として活用されることを期待します。
障害者福祉センター

午後は日進市にぎわい交流館で開催の、
「あすの日進を考える市民の会」に講師として招かれ、
県議会、また私の活動などについて質疑応答を含めて、
1時間強お話をさせていただきました。
市民参加、ボランティア意識の高い皆さんですので、
本当によく勉強されていて時間がなくて議論とまでいきませんが、
ご意見や要望をお聞きできたので大変有意義な時間でした。
またの機会にじっくりお話しできればと思います。

夜は瀬戸で7区議員連絡会設立総会がありました。
七区議員連絡会-1

七区議員連絡会-2
ご覧のとおり七区は南北に長いエリアですので、
各市町の議員さんがお互いの問題を理解し共有することで、
尾張東部地域がより発展することが期待されます。
知っている方も多かったですが新しい方もおられ、
とてもいい会が立ちあがったとこちらも期待したいです。

ところで、明日の新聞折り込みに私の県政報告、
「いつまでも愛知・県政リポート」が入りますので、
どうぞご覧いただければと思います。
ご意見、ご要望もお待ちしています。



2012.03.30 / Top↑
Secret