近藤ひろひとです。

2月議会閉会日を金曜日23日に控え、
今日は自民党県議団議員総会が開かれました。
議員総会3.21-2

議員総会3.21
委員会附託された議案審議について、
各常任委員長・副委員長から全て可決と報告がされ、
また議員報酬については議員提案で、
今年度同様11%減の案が提出されると報告。
そのほかガレキ処理に関する県に対する要望書案、
他にも意見書案についての説明がされ、
各議員から活発な議論がありました。
ガレキ処理については県議会が県民のために、
ただ性急にことを進めるのではなく、
しっかりとした調整を踏む必要があり慎重を期すべき、
今議会環境委員会において議論したのに、
受け入れの答弁が出なかったことはおかしい、
あらためて委員会を開くべきとの意見もだされ、
委員長である杉浦議員がすぐ対応するつもりと話し、
議会として責任ある活動を取る方向性が示されました。
以上のように、いつもの閉会前の総会よりも、
活発な議論が交わされた今日の総会でしたが、
議会における議論はただ面白おかしいものでなく、
これが本来の姿であると思えるものでした。

議員総会の前に議事堂ロビーでは、
名古屋フルハーモニーのメンバーによる、
「ロビーコンサート」が開かれました。
ロビーコンサート
どういういきさつでこうしたことがあったか、
聞きそびれてしまいましたが、
知事、副知事始め多くの県職員や登庁した議員が、
優雅な音楽を楽しみました。
私たちだけで聴かせてもらって申し訳ない気も・・。

2012.03.21 / Top↑
Secret