近藤ひろひとです。

今日は名古屋でロンドン五輪女子マラソン最終選考レースと、
1万5千人が参加した「名古屋ウイメンズマラソン」でしたが、
日進でも「にっしんわいわいマラソンウオーク大会」が、
にっしnわいわいマラソンウオーク-1
愛知池ほとりの研究施設団地内デンソー基礎研究所グランドを、
スタート・ゴール会場として催されました。

昨年は震災の影響で自粛、今日は「3.11」のちょうど1周年で、
開会式に先立ち全員で黙祷をしましたが、
私は「これからもこの時期に開催されるこの大会を
震災・原発事故を決して忘れないためにメモリアルとして、
また普通に過ごせる幸せに感謝して走りましょう」、
と挨拶させて頂きました。
にっしnわいわいマラソンウオーク-2
(写真は開会式をステージで談笑しながら待つ向こうから、
山田教育長、大嶋体協会長、萩野市長、福岡議長)
開会式後「にっしん体操」をして各部門ごとにスタート。

私は中学生以上60歳未満の一般の部、
愛知池一周約10kmコースに挑みました。
まったく走っていなかったので歩くよりちょっと早いくらい、
ジョギングペースで気持ちよく走りました。
結果58分で完走、1時間を切れてよかったです。
にっしnわいわいマラソンウオーク-3
一緒に写っているのは県内のいろんな大会に参加しているという、
県尾張建設事務所のW課長で、今回、初参加してくださいました。
聞けば38分でゴールということでまさにアスリート並みですが、
休日の趣味とは言え、立場上いろいろな市町の様子を見ることで、
良い仕事をしてくれそうと期待が高まります。
また、同じ職場のK課長はウオークのコースで完歩されました。
お二人を含めて、参加された皆さんお疲れ様でした。
そして、何より大会運営に係わられた多くの皆さんに感謝!!

筋肉痛が出るのがいつになるか心配ですが、
今週もしっかり頑張ってまいりましょう!
2012.03.11 / Top↑
Secret