近藤ひろひとです。

昨夜(正確に言えば朝起き会に行けるくらいの今朝)、
一般質問原稿を仕上げました。
\2月議会質問資料
(写真は質問向けのネタ、行政資料、新聞切りetc)
仕上げたと言っても部局との打ち合わせ用に、
細部に渡って考えをまとめたということですが、
今日の打ち合わせ(まさに打ち合わせ)でも、
何を質問するかを徹底的に聞かれるだけで、
県が何を考えているのかの答えが無いに等しい、
打ち合わせなので、どうもストレスが貯まります。
これがいわゆる「県」の方式、伝統でしょうが、
先日一二三会(同期会)で県外調査へ行ったときの、
大阪府の職員が自分の仕事を喜々として語ってくれた、
あの姿勢がこうしたヒアリングでもあると、
きっともう少し変わるのだろうと思ってしまいます。
今日は議案質疑の聞き取りもありましたが、
こちらの方が具体的で中身のある議論ができるので、
これから2月議会はこちらで頑張りたいとなりそう。
いずれにしても、すりあわせに来るのは、
これからの県行政を進める若手精鋭の皆さんですから、
県政一般に向けて「こんなことをしたい!」という、
もっと前向きであってもいいと思うのは私だけでしょうか?
ちなみに、
近藤ひろひと一般質問は、
1.再生可能エネルギーについて
2.環境施策について 
明日29日の3番目、午前の最後か午後1番登壇予定。
2012.02.27 / Top↑
Secret