近藤ひろひとです。

今日議案説明会最終日、午前は警察関係、
午後は総務県民関係の説明を受けたわけですが、
議案説明会最終日
昨日財政について勉強会で聞いたところでしたし、
主要な施策は県議団調査会などで聞いていましたので、
わりとすっと頭に入った気がします。
芸術文化推進議連
説明会のあと芸術文化振興議連へと続き、
そのあとで議案質疑について自民党県議団で打ち合わせ。
一般質問に続いて議案質疑もやることになりそうで、
当初予算審議の2月議会、ひたすら忙しさを実感しています。

今朝も登庁すると自民党控室入り口にたくさんの職員が・・、
なんと、全員私の一般質問に対する聞き取りの方々でした。
県でどのように呼んでいるのかどうかわかりませんが、
私は市議会の頃の癖で「ヒアリング」と呼びますが、
本会議場での発言は大変重いものであることから、
かみ合った議論になるようにこうした事前調整をします。
6月議会につづき2度目ではありますが、
通告から質問日までの期間が短く、
かなりタイトなスケジュールとなるので、
質問の予定者は事前に部局へある程度話しをして、
ということだったかもと反省はしつつも、
今回も十分なヒアリングができずストレスを感じます。
先に書いたように本会議での発言は重いので、
あまりにガチンコというのはよろしくないとは思いますが、
大勢の職員で対応される県側は圧倒的に有利なので、
そんなにガチガチでなくてもなんとかなるのでは・・。
また個人的にはこうしたヒアリングの場で、
部局の方々といろいり政策論争をしたいという気はします。

いずれにしてもこの土日で一般質問原稿を完成させる関係で、
予定している行事参加も楽しめそうにない?!です。

2012.02.24 / Top↑
Secret