近藤ひろひとです。

昨日の香川県庁でのヒアリング調査に続き、
今日は島全体がアートと言える香川県直島を調査。
高松港からフェリーで約1時間で瀬戸内海をわたり、
到着した直島は海の駅「なおしま」がもうおしゃれな建物。
町役場で町長、議長さんから町の事情をお聞きしましたが、
直島町役場視察ー2

直島町役場視察
9期36年にわたり町長をつとめた名誉町民の故三宅氏が、
著名建築家による幼稚園、小・中学校など公共施設建設、
その後に観光に力を入れた過程でベネッセさんの協力の下で、
今日は休館でしたが安藤忠雄氏のベネッセハウス、
実際に訪れて皆が感激した地中美術館もあり、
リ・ウファン美術館も2010芸術祭の現代アートも、
いまだに点在していて、まさに島中がアート一色でした。

もともと現三菱マテリアルの精錬所がきたことで、
人口もピークは5千人ととても活気があったとのこと、
文化の島として前提は産業があることによる、
しっかりとした財政基盤がその必要条件ではなかったかと、
コンパクトな中にも稼ぐことの重要性をあらためて、
考えさせられた直島の視察でした。

2012.02.07 / Top↑
Secret