近藤ひろひとです。

今朝起きたら喉がいがらっぽくて、
「風邪?それともこの時期に花粉?」で、
少々頭も重いのでやはり風邪かというところでしたが、
夜には自分の後援会の役員新年会があるので、
寝込むまいとマスクをしながら市民会館へ出かけました。
学生書き初め児童書画展-1
まずは学生書き初め児童画展。
学生書き初め児童書画展-2
展示されている作品は力作揃いでしたが、
ちょうど教育委員会の評価委員の先生と一緒になり、
こうした文化協会主催の展示会は、
学校主導でなくて良いのではないかとお聴きし、
なるほどと普段作品を見せて頂くだけと違い、
新たな気づきでした。
成年後見制度後援会
(講談師の写真は遠慮するようにとの事で撮っていません)
そして大ホールでの「講談で学ぶ 成年後見制度」で、
講談師 神田織音さんの講談を聴かせていただきました。
尾張東部成年後見センター設立記念イベントとして、
今回開催されたわけですが、成年後見制度という、
一般には少々分かりづらい制度も、
楽しく聴きながら理解できたのではと思います。
高齢者を若者が支える割合を昔は「野球胴上げ式」
今は「騎馬戦式」そして将来は「肩車式」という、
少子高齢化社会を表現した言葉はあまりに分かりやすく、
この間の調査会ではないですがこの状況を、
本当に何とかしなければと真剣に思います。
サポート日進新年会-1

サポート日進新年会-2
夜は東山の「サポート日進」さんの新年会に伺ってから、
自分の後援会「いつまでも日進の会」役員新年会でした。
いつまでも日進の会新年会
今日は来賓で萩野日進市長、藤川参議院議員、
鈴木じゅんじ前衆議院議員も来てくださいました。
皆さん、楽しんで頂けたかと思いますし、
和気藹々の中にもいろいろご意見をいただけて、
私自身にとってもいい会だったと思います。
地元のため愛知県の為に益々頑張っていきますので、
これからもどうぞよろしくお願い致します。


2012.01.15 / Top↑
Secret