近藤ひろひとです。

自民党県議団県政調査会最終日、
タイトルの社会基盤整備(建設部)と、
地域振興環境(文字通り2つの部局)の調査会でした。
午前中の社会基盤整備(建設部)調査会では、
社会基盤整備調査会-1

社会基盤整備調査会-2
道路・河川の整備はどの地域も少なからず課題があり、
午前一杯まで本当に活発な質疑・要望をなりました。
私も「交通安全施設整備事業費」について、
昨日の警察本部調査会でも話題になった、
「交通事故死ワーストワン」の不名誉を歩道など、
交差点改良などの整備でしっかり対応して頂くよう、
要望させて頂きました。

午後からの地域振興・環境調査会では、
地域振興環境調査会
前段の地域振興で「リニアインパクト調査費」について、
調査内容について名古屋市との重複に注意して、
また愛知県全体にどのような波及効果があるのか、
特に名古屋駅と接続する公共交通機関に目を向けて、
その沿線の自治体への効果も考えて頂きたい旨、
お願いさせて頂きました。
遅れをとっている地域の代表の立場として、
どの部局に対しても質疑要望はつきませんが、
マイクを独り占め出来るものでもありませんので、
こうしたところでのPRもさることながら、
やはり担当部局へ具体的な個別要望もしていかねば、
と思うところです。

いずれにせよ、それぞれの主要事業などについて、
ヒアリングできたところで2月議会の一般質問に向け、
資料収集・視察などを重ねていく予定です。
2012.01.13 / Top↑
Secret