近藤ひろひとです。

今日、午前は自民党県議団政調会。
政調会(行革).
私も所属する行革PTが5回にわたって検討し、
まとめた内容について議論となりました。
とにかく無駄を省き、なおかつ必要なことは進める、
施設については効率よい運営となるようにとした、
意見が出され、それをうけて提言文が出されます。
今回12名のPTメンバーの一人として、
先輩から随分いろいろな話しを聞くことができて、
とても為になりましたが、これだけで終わらせず、
地元の事に活かせるよう考えていきたいです。

午後は福祉対策議連でしたが、
福祉対策議連-1
(社福)日本介助犬協会事務局長 高柳氏を招き、
障害者補助犬法の成立のいきさつから、
現在の介助犬の状況をお聞きしました。
福祉対策議連-2
また長久手にある介助犬総合訓練施設「シンシアの丘」の、
介助犬のデモンストレーションを見ました。
福祉対策議連-3
お店、病院などに介助犬が入れるよう理解する必要、
障害者の数の割に、トレーニングに1頭300万円かかるため、
介助犬の少ないことが理解できました。
微力ながらこうした事への啓発の、
お手伝いが出来ればと思います。
2011.12.13 / Top↑
Secret