近藤ひろひとです。

今日は午前中海外視察団会議、報告書編集会議でした。
今定例会の一般質問では視察団から4名の議員が壇上に立ち、
それぞれのパートでの質問をしましたが、
翌日の新聞の論調は厳しいものでした。
たまたま車で移動中にラジオニュースで、
「議長が来年の予算編成のあたって、
渡航費をエコノミークラスにするなど、
各会派に海外視察のあり方を協議する場を設けた」
と耳にしましたが、海外視察については、
多くの皆さんは現地に行き調査する必要性を認めておられ、
あらためて旅費や派遣メンバー数などを、
会派議員総会などで議論することになると思います。

それにしても今回の視察はメンバー一丸「ど真剣」で、
今日の編集会議でまとめたレポートも、
資料を除いて50ページにわたるものとなり、
一般質問以外のところでも、それぞれ部局へ働きかけたり、
あるいは各自で報告などして、新エネルギーの考え方、
それに関連して省エネ・エコの必要性を訴えています。
しかし所詮、大新聞報道にはかないません。
田原市の山本議員の一般質問についていえば、
発言と違う報道があり地元への説明に追われているとのこと。
報道により一部のあるいは過去のおかしなことが、
全てのようなことになってしまうことは困りますので、
私たちが作成した報告書を多くの方が読んでくださることを、
切に願うところですし、今後も成果が出るよう頑張ります。

午後は文教委員会でしたが、
附託された議案はなく口頭陳情3件のあと、
5名の委員からの一般質問。
私は質問させていただきましたが、
来年度も厳しい財政が見込まれ、
行革プログラムが進められているが、
ただ単に経費節減を図るだけではなく、
逆に必要な投資も県民の福祉向上に繋がるということで、
陳情もあった口論議公園サッカー場の人工芝生化、
ナイター設備整備を進めるべきではと問いました。
効率面からもその考えもありと前向きな答弁でしたが、
来年度予算に計上されるかどうかは?です。
でも、愛知県のちょうど真ん中にある施設ですので、
整備されればさらに多くの県民が利用してくださり、
愛知県サッカーレベルを押し上げていくものと思います。
当局の理解とさらなる努力をお願いしたいものです。

ところで、師走に入って忘年会が続いていると思いますが、
飲み過ぎ食べ過ぎにはくれぐれも注意してください。
また新聞記事にもなっていましたが、
愛知県は交通事故死ワーストの不名誉になりそうですので、
まずは「飲んだら乗るな!」もしっかり守ってください。
2011.12.09 / Top↑
Secret