近藤ひろひとです。

今日はまず、早朝6時過ぎ、まだ暗いうちから、
撮影会にお出かけになる日進市写真連盟の皆様のお見送り。
今回は紅葉を撮影に行かれたようですが、
実は私はお隣名東区の先輩県議である、
筒井先生に誘われて県議会写真クラブに所属しているので、
それにあわせて日進市写真連盟にも入れていただいています。
とはいうものの、つい先日の県の写真クラブ撮影会は、
海外視察団会議と重なり、また今日も委員会があり、
それぞれ出かけることが出来ずですので、
こうした撮影会はいつになったら行けるやらですが、
何とか次はご一緒したいと思います。

そして、今日はもう一つ「はぎの幸三後援会総会」の、
バス旅行がありましたので、こちらも見送りでした。
高山方面へお出かけだということでしたが、
いずれにしても素晴らしい天気でしたので、
それぞれ良い旅になったのではと思います。

さて、見送りの後はそのまま県庁へ出かけ、
午前は控室でデスクワークですが、
合間に当局が来てもらったりするので、
すぐに時間が過ぎ、午後はタイトルの特別委員会。
今日は「2013 あいちトリエンナーレ」の総合監督、
東北大学大学院教授の五十嵐太郎先生に、
コンセプト、起用芸術家などを説明頂きました。
質疑では委員から多くの質問要望がありましたが、
私も会場の予定、考え方などをお聞きして、
前回は強いて言うならば「あいち・・」でなくて、
「名古屋トリエンナーレ」だったので、
もっと会場を広範囲にするなど愛知県として、
盛り上げるようにと要望させていただきました。
素人が芸術のことに口出し出来るものではありませんが、
せっかく開催するのですから今後も継続していき、
愛知県から芸術文化が発信できるようにしたいものです。

詳細が決まりましたら、お知らせしますので、
是非皆さんも興味を持って頂きたいと思います。
2011.11.17 / Top↑
Secret