近藤ひろひとです。

帰国の飛行機内で寝ずに帰ってきて、
普段の時間(12時頃)に眠りについたからか、
あるいは午前中の文教委員会の予定があって、
緊張していたからか、今朝は少し早めに、
すっきり起きることが出来ました。

その文教委員会ですが、
「平成24年度県立学校生徒募集計画について」が議題、
理事者側からの説明の後、一つだけの質疑で終了。
自分ではちゃんとしているつもりでも、
実はぼお~としていたのかもしませんが、
今日の委員会の予定は随分前から知らされていたのに、
議題は今日示されたということで、
資料も会議室で初めて目にしたわけで、
すぐに議論をといわれてもというところです。
物事まとめるのに時間がかかることは理解できますが、
果たしてこれでよいのかという思いがいたします。

久々の議事堂控室で他の先生方と情報交換をして、
午後は地元で以前から約束のあった先へ伺い、
いろいろ意見交換をさせて頂きました。
海外視察での話しも交えて幅広い内容でしたが、
話し込んでいくと地元、愛知県だけでなく、
国の行く末、教育までの広がるくらいでした。

人間一人でできることは限られています。
7ヶ月過ぎたとは言え慣れない部分も多く、
まだまだ予定をこなしているだけという今なので、
ここらで今一度自分のスタンスをしっかり固めて、
何をいつまでにと計画的に物事を考えて、
その上で周りの方々の理解を得て進めたいと思います。

新聞をにぎわしている事柄について個人的な思いもあり、
できたらもここで書きたいところですが、
まずはやるべき事に集中したいと思います。
2011.11.07 / Top↑
Secret