近藤ひろひとです。

鹿児島視察を終えて帰ってきましたが、
貯まっているファックスや郵便物、
メールなどをチェックするのがやっとで、
いただいていた電話について確認などもあり、
まともな報告にできそうにありませんが、とりあえず、
先日書いた内容も含めて簡単に書かせていただきます。

今回の鹿児島視察は地球温暖化対策推進条例、
屋久島での「CO2フリー」施策の進行状況を
合同庁舎でのその取り組みをヒアリング、
屋久島電工では島の電力のほとんどをまかなっている、
水力発電施設を視察、また屋久島環境文化センターの展示、
映像を見て自然の循環、地球環境を守る大切さを痛感し、
まさしく今後のエネルギー施策の見本であると理解しました。

最終日は種子島宇宙センターでの地域振興、
あるいは環境施策への取り組みについてを調査。
多くの修学旅行生が来ていましたが、
宇宙や地球環境に興味を持ってくれるようにすることも、
私たちの役割だと思いを強くしました。
またエンジン始めロケットについては、
愛知県の企業が作っていることをあらためて認識でき、
今後私も県の航空・宇宙産業発展の為にしっかり勉強して、
役立てるように頑張って参りたいと思います。

こうして視察で広い視野を持てるのはよいですが、
どうしても選挙区の方が留守になってしまいがち・・。
皆さんにご心配をかけないよう、はやく事務所開設をして、
ネットワーク作りに力を入れていきたいと思います。

明日は地域を回るスケジュールを組んでいますので、
その準備のためもう少しまともな視察報告は、
すみませんが、またとします。
2011.10.19 / Top↑
Secret