近藤ひろひとです。

今日は海外視察の事前勉強ということで、
東京大学小柴ホールで開催された、
「電力エネルギーにおける技術革新~
 東日本大震災を踏まえて加速すべき新技術~」
東大フォーラムー1
をテーマとした「第21回科学技術交流フォーラム」に、
小林功県議、川嶋太郎県議、安藤正明県議と私の、
4名の視察団メンバーで参加しました。
東大フォーラムー2
6名の東大・東大大学院の先生方から、
それぞれ専門研究分野の講演を聴きましたが、
アカデミックで私たちにはやや難解な内容もありましたが、
3.11の大震災を受けて、とにかく一刻も早く、
新エネルギーの実用化、従来のものもより効率化を、
という思いが伝わってきましたし、科学者も将来のために、
懸命にこの問題に取り組んでいることが理解出来たところで、
私たち政治家もこうした先端技術について知識を得ることで、
より良い社会作りの基礎を考える上で非常によかったと思います。

海外視察に向けては、まだ座学や国内視察の予定がありますが、
随分頭でっかちになっていますので、
視察地で適切な質疑ができるよう、
そろそろ整理をしないといけないと考えています。

ちなみに、帰り際10年ぶりに以前の得意先、
某有名アパレルの皆さんと会食、
三陽の皆さん
短い時間でしたが、昔話に花を咲かせました。


2011.10.12 / Top↑
Secret