近藤ひろひとです。

20日の「0」の日が県議会開会でパスでしたが、
暴風警報で休校となった昨日から交通安全運動が始まっていて、
今朝は久々のあいさつ運動でした。
子ども達の元気な挨拶をもらうと気持ちのいい一日となります。

午前は市内二つの中学校の体育大会、まずは日進東中学校へ。
日進東中体育大会
典礼も生徒が行い規律正しいいい開会式を見せて頂きました。
その後、日進中学校へ。
日進中体育大会
高跳びや80m走のあとに二人三脚競争。
ゴール手前で転んでも片方がすぐさま立ち上がり、
グイグイ相棒を引っ張ってゴールする姿に感激でした。
この時期のスポーツ、芸術を通して中学生活を、
十分満喫しながら成長してほしいものです。

午後は、県議会海外視察団の事前調査で、
スマートグリッドについて豊田市へ視察に出かけました。
まずは豊田市役所で取り組みについて説明を受け、
豊田視察-1
庁舎駐車場に設置された太陽光発電から、
プラグインハイブリッドに充電する設備。
豊田視察-2
市役所からスマートハウス実証実験現場へ移動、
さっそくモデルハウス外を見せて頂きました。
豊田視察-3
スマートハウスで最も重要な蓄電池はフルで25kw、
一般家庭の半日分の電気量を貯められます。
ちなみにプラグインハイブリッド車も25kwの蓄電能力で、
将来、非常時にこの車の電池も家庭へ供給出来ます。
豊田視察-4
太陽光発電、エコキュート、深夜電力効率よく、
またプラグインハイブリッド車への充電を制御するのが、
HEMS(ヘムス)システム。
豊田視察-5
このモデルハウスと同様な世帯が現在12戸販売され、
豊田スマートホーム視察
スマートハウスの実証実験が始まります。
この先様々施策と組み合わせて近未来をどう考えるか、
私たちは新エネルギー確保、同時に低炭素社会の実現、
脱原発に向け大きく舵を切っていかなければなりません。
2011.09.22 / Top↑
Secret