近藤ひろひとです。

皆さんは「青春」と聞いて、いつの頃を思い出されるでしょうか?
私はやはり高校時代という気がします。

というわけで、今日は県立日進西高校の体育大会に伺いました。
日進西高体育大会-1

日進西高体育大会-2
小・中学校の運動会、体育大会は今でも時々見せて頂きますが、
高校は息子、娘の時に行っていないので自分の時以来です。
朝礼台から挨拶で生徒の皆さんの顔を拝見しながら、
まさに自分の高校時代の思い出がぐるぐる頭と巡り、
あっという間に過ぎてしまう高校生活の今、この場所で、
とにかく精一杯のことをして思い出としていただきたい、
そんな思いで「一所懸命」という言葉を贈らせて頂きました。
3年生はこの先、苦しい受験勉強が待っていますが、
これとていい思い出となるでしょう。
今日の競技同様に頑張っていただきたいと思います。

来週、同じく地元の日進高校の体育大会もあるのですが、
あいにく県議会が始まってしまい伺えないので、
地元にいる今日、午後急遽校長先生をお訪ねし、
いろいろ話しを聞かせていただきました。
一頃荒れた時があったとのことですが、
今は普通科でありながら国際コミュニケションコース、
人間環境コースを持ち、先生方のきめ細かな指導で、
国立大学へ進学する生徒もでており、とても落ち着いている。
交通の便が悪いこと、また近くの道路に歩道がなく、
自転車通学の生徒が危険であるという話しもお聞きしましたが、
地元の県会議員として、それぞれの高校がより良くなるように、
出来る限りのことをしたいと思います。

この他、今日は市役所での打ち合わせと、
夜は自民党日進市支部の幹事会で一日が終わりました。
毎日、あっという間です。
2011.09.15 / Top↑
Secret