近藤ひろひとです。

昨日・今日とタイトルの特別委員会視察に行ってきました。
最初の視察は横浜トリエンナーレ2011。
特別委員会視察-1
横浜美術館内で横浜市担当部長から説明をうけ、
特別委員会視察-2

特別委員会視察-3
美術館の中から外まで展示される作品の説明を受けました。
美術館以外に他のエリアでも開催されている、
今回4回目となる横浜の取り組みが理解出来ました。
特別委員会視察-4
ディレクターが決まった次の愛知トリエンナーレが、
県の文化事業として定着し世界的なものにできればと思います。

2日目は東京お台場に事務所がある「東京マラソン財団」で、
日本国内屈指の市民マラソンである東京マラソンについて、
特別委員会視察-6
帖佐理事長始め事務局の皆さんから、
それぞれ話しを聞かせて頂きました。
特別委員会視察-7

特別委員会視察-8
こちらも来年愛知県が初めて関わる、
「名古屋ウイメンズマラソン」の成功に向けて、
とても参考になる話しを聞くことが出来ました。

PCを持参した出張でしたが、都会のホテルでありながら、
ネットが有料!というのにめげて、
今夜戻ってからのアップで恐縮ですが、報告といたします。
2011.09.13 / Top↑
Secret