近藤ひろひとです。

今月20日に開会する定例会の議案について、
自民党県議団議員総会で説明がありました。
補正予算では団として要望した河川道路改修費、
道路標識整備費などが計上され、
そのほか放射能測定設備費、円高対応支援基金補助金、
シンクロトロン光利用施設整備費補助金など、
一般会計特別会計あわせて約108億が組まれる予定。
議案は長久手町が市政ひくことを受けて、
関係条例の改正がされるものの他23議案が出されます。
団として県とは何度も意見交換、話し合いをしているので、
納得できる議案ばかりだと思います。
このように6月議会以降積み上げたことで、
9月議会本会議ではすんなり進むというわけで、
端から見ると「馴れ合い」に見えるのかも知れませんが、
実はこれまで相当様々な議論があることを、
是非知って頂きたいと思うところです。

午後からは海外視察団の会議で、
視察地視察内容の最終検討をしました。
海外視察団会議-1

海外視察団会議-2

コロラド州ボルダーではスマートクリッドシティについて、
シリコンバレーではテスラモーター社で電気自動車について、
サクラメント電力公社で原発を閉鎖した経緯、
その代替エネルギーについて、
サクラメント州政府においては電力事業者に、
再生可能エネルギー比率を義務づける法を制定した経緯を、
パームスプリングでは風力発電について、
ロサンゼルス市では温暖化ガス排出規制、環境規制について、
またロサンゼルス港の整備、業務動向、
環境対策についてなどを取り上げて日程調整し、
視察することとなりました。

これに先立ち、事前調査の項目・日程をまとめ、
上記に関わる国内事例視察として、
豊田市、京都府津川市に行くことが決定、
他に候補地として北九州市、横浜市、函館市があげられ、
座学として視察内容に詳しい有識者を招いての勉強会も、
する方向で検討が進められることとなりました。

とにかく、議員一人一人がしっかりと自覚をもって、
視察に臨めるよういろいろな担当が決まりましたが、
本当に注目されていることを肌で感じるので、
成果の出るように頑張ってまいりたいと思います。

会議の後は「新エネルギーについて」、
「次世代自動車関連産業の振興について」
「愛知県港湾整備について」をそれぞれ、
担当部局から説明、質疑応答の勉強会をしました。
とにかくパフォーマンスでやっていると言われないよう、
しっかりやりますので注目ください。

最後に、夜は日進FB会で、
初めてお会いする方々との懇親会。
アルコールのせいもあり議論が白熱、
少々自己嫌悪に陥っております。反省!

2011.09.08 / Top↑
Secret