先週金曜日、昨年末にネパールヒマラヤのローツェ峰南壁冬季世界初完登した登山隊の報告会がありました。
中日新聞で年末年始に大きく取り上げられていたので、ご覧になったかたもいらっしゃるかと思いますが、実はその登山隊の隊長田辺君は、私の中学時代からの友人でした。そこそこ頑張っている登山家だとは知っていましたが、たまたま8月末に電話で話したら、来月からヒマラヤへ行くとのことで、年明けに会おうと話していたわけですが、こんな偉業だったとは知りませんでした。
こうした偉業も、何を物好きなとすませてしまえばそれまでですが、私としては、興味をそそられる快挙だったので、仕事をほっといて報告会に参加しました。容姿は山男そのものでしたが、ぼくとつとした語り調子は昔のまま。数人のファンからサインをせがまれる彼のサインの字は、それこそ昔のままで、とても懐かしく、つい「タナヤン」と昔の呼び名で声を掛けてしまいました。もともとコツコツと地道に努力する彼でしたが、こんなに凄いやつになっているとは、友人として誇りに思います。
来月始めに、中学の友達、先生を交えてのご苦労さん会を催します。そのあと、またヒマラヤへ行くんですって!びっくりだわ。
2007.02.26 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://nissinforever.blog90.fc2.com/tb.php/15-b9a0d646