時折突然の雨が降る日でしたが、
今日は朝から昼過ぎまで前衆議院議員、
鈴木じゅんじ先生と日進市内へ挨拶回り、
先生の後援会役員さんをお伺いし、
その場の新しいポスターの貼り替えもしました。

先日新聞報道があったように、
最近、日進市も交付団体になりました。
人口が伸びると行政に対する要望も増えて、
県や国からの交付金、補助金に頼ること多くなります。
あるいは国の制度仕組みを変えていかないと、
これからは対応できない問題も出てくると思います。
昨日、浅田の盆踊りでご相談を受けた、
サッカー部が全国大会へ出場するというのに、
日進西中学校のグランドが狭すぎるという問題。
ここのグランドだけではなく、
他の施設でも何かと手狭になっているという、
周りの自治体に見られない日進市の問題も、
私は現在県のレベルとして県議団の調査会などで発言し、
他の県議や部局に理解を求めていますが、
これから口だけでなく「少子化対策」をしっかりとし、
将来の日本を担う子ども達を本当にどうするか、
特に国レベルで大きく取り上げていただきたい。

国では震災からの復旧・復興、原発問題があり、
民主も自民も協力しなければならず、
それら課題に対して一定の目処が立たなければ、
解散総選挙はないと思われますが、
私は我が党の七区支部長鈴木じゅんじ先生を、
しっかり支えますので、皆様の益々のご支援を、
あらためてよろしくお願い致します。
2011.08.16 / Top↑
Secret