近藤ひろひとです。
今・来週は自民党県議団の勉強会が続きますので、
県庁へ出かけますが「朝からホントに暑~い!」
ちょっと前と比べると夏が戻ってきた感じです。
節電といいながら「熱中症が心配」とばかり、
エアコンをつけっぱなしにされているご家庭も、
きっと多いことでしょう。
私は今、盆踊り回り用(?)の軽貨物車に乗っているので、
エアコンの効きが悪く、しかも走らないので大変ですが、
とにかく暑さに負けずに頑張っていきます。

さて、今日はタイトルの自民党県議団の、
「地方分権・道州制推進議連」による研修会。
講師に自民党衆議院義員 松浪健太氏を招き、
「道州制の動きを今後の見通し」の演題で講演いただきました。
道州制セミナー-1
「大道塾」空道大会で何度かご一緒して旧知であったものの、
突っ込んだ話しをお聞きするのは初めてでしたが、
国会の超党派「道州制懇話会」事務局長、
自民党「道州制推進本部」事務局長であるように、
この問題に関してはスペシャリストで、
私の中ではこれまでイメージしていた「道州制」が、
一皮むけた感じとなる話しをお聞き出来ました。
道州制セミナー-2
私たちは議員として地域の皆さんの声をもとに、
行政に働きかけると同時に、
政治家として将来の社会をどういった方向へ進めるか、
しっかり考えていかなければならないことを、
日頃思っていても忘れがちですので、
今日あらためて気持ちを新たにしました。

今、来週こんな刺激的な勉強会が続くと思うと、
そしてまた先輩方と懇親会もとても楽しみです。
2011.08.08 / Top↑
Secret