今日は、香久山小学校の4・5・6年生学習発表会でした。
子どもたちの立派な演奏、お芝居、演技などの発表を見ることもさることながら、
小学校へ行くと多くの地域の方々に出会え、いろいろ話ができるので、
いつも楽しみにしているところです。
今回は残念ながら議会運営委員会や、全員協議会、
また一般質問についてのヒアリングがあって最初しか見られませんでしたが、
とても素敵な演奏ととても元気な、そして吉本顔負けの面白いお芝居を見せてもらい、
今度のあいさつ運動では、「頑張ったね」と声をかけてあげたいと思います。

さて、全員協議会とヒアリングですが、
まず全員協議会については、12月議会に上程される議案についての説明と、
友好姉妹都市訪問、土壌汚染の報告がありました。
また、自治基本条例をうけて「住民投票条例」についての話もありました。
地方分権に向けて他市町に先駆けて制定された自治基本条例ですが、
私個人的にはピンと来ておらず、したがってその細部を埋めるようにすすめられる、
住民投票条例についても、今ひとつ前向きに考えられず、
過去にダム建設可否(自治体の消滅)、市町村合併、首町リコールといった
自治体にとっての大問題の例を見る限り、そうしたことはそうそうないだろう、
また一回の投住民票で市長選と同じくらい費用(約2千万円)がかかることからも、
常設型というある意味条件が整えば、自動的に住民投票になるという内容には、
やや疑問を感じるところです。
この話は、後日、検討委員会の委員長を務められている大学教授から、
説明があるようですので、そのお話しを受けて、またゆっくり検討したいと思います。

ヒアリングは今回の一般質問について詳細をそれぞれの担当部局に話して、
的確な返答をいただけるようにすりあわせをしたわけですが、
3番目の都市計画道路については、とにかく多額の費用がかかることで、
また県道は県が主体となることなので、大変難しい話です。
難しいのは当然理解できるところですが、今朝の新聞記事にも、
尾張地区の市町の首町が地元選出の国会議員を訪ね、
「社会基盤整備は最大の福祉であり、とりわけ道路は重要だ」と話したとあるように、
難しいからと声も上げずに、ただ待っていては何の為の計画が分かりません。
私は、とにかく道路整備が日進市の将来のためだと信念を持って、
職員の皆さんのご努力も理解しながら、精一杯質問したいと思っております。
多くの皆さんが、この問題を一緒にお考え頂けると幸いです。



2007.11.22 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://nissinforever.blog90.fc2.com/tb.php/134-0c6e58f7