近藤ひろひとです。

愛知県知事選挙も最終盤戦。
私は今朝は米野木駅でのビラ配布。
そして午後からは街宣車での活動、
竹の山、赤池駅での立会演説を行いました。
先日は本人と片山さつき参議院議員が来られましたが、
今回は前衆議院議員鈴木じゅんじ第七支部長と、
それから何と元内閣官房長官町村信孝衆議院議員も、
若き候補者のためにマイクを握ってくださいました。
先生とお会いするのは3度目ですが、
今回は演説会の間街宣車の上で私自身の選挙や、
地域の実情、課題などを聞いていただけて、
その聴いてくださる姿に偉ぶったところはなく、
暖かみ、気さくさを感じました。
先生にはさらに自民党をしっかりリードしていただきたい、
もちろん私自身も頑張ろうと思いますので、
皆さんもどうか注視して頂ければと思うところです。

話しがそれましたが、知事選挙。
ひたすら宣伝のようなパフォーマンスに惑わされず、
耳障りのいい話ではなく何が実現可能なのか、
誰が本当に県民のことを考えているのか、
しっかりご検討いただき投票に行っていただきたい。
突然の方向転換、「ブレ」はその人を表しています。
信念を曲げず真面目にやる候補者をお選びください。

明日5日(土)午後6時30分から、
日進市民会館小ホールで最後の個人演説会
があります。
どうか40歳になったばかりの候補者、
若さがちょっと心配と言う方は、
「う~ん、これはしっかりしている!」
と、是非会場に足を運んで感じて頂きたいと思います。
大勢の皆さんのご来場お待ちしております。
2011.02.04 / Top↑
Secret