近藤ひろひとです。

普段特に気にしているわけでもありませんが、
ふと気づくとアクセスカウンターの数字が減っていました。
確か既に4万を超えていたはずなのですが・・・。
どうしたことか不思議ですが、年初の設定変更のせいかも、
と言ったことはさておき、今日は3連休の最終日、
全国的には今日が成人式でしたが、私は朝一番暗いうちから、
折戸地区の「どんど焼き」に行きました。
折戸どんど焼き
無病息災、そして最後に中心に立てられた木(松)が、
どの方向に倒れるかでその年の豊作を占うという行事ですが、
お聞きするとそうした本来の目的もさることながら、
昔から住んでいる方々だけでなく新しく来られた方も増えて、
地域がまとまるとても良い行事になっているようです。
世話役の睦会の皆さんにはお世話になりますが、
これからもずっと続けて頂ければと思います。

昼間は仕事を片づけて夕方から名古屋のホテルで開催の、
自民党愛知県連政経セミナーに参加しました。
前段は元党本部幹事長の伊吹文明衆議院議員による講演、
政経セミナー-2
第2部の懇親会では来賓の党本部石原幹事長、
そしてまた神田愛知県知事による後継指名とも言える、
愛知県知事候補予定者しげとく和彦さんを応援の挨拶があり、
自民党政経セミナー
会場あふれんばかりの多くの方々が大きな拍手を送りました。
私も久しぶりに神田知事にご挨拶をして、
次の県議会立候補予定を報告させていただき、
「県会は範囲が広くやりがいがあるはず、頑張れ!」と、
ありがたい激励をいただきました。
神田知事には、3期12年愛知県を引っ張っていただき、
ありがとうございました。お疲れ様でした。

ところで懇親会に駆けつけたアメリカ事情に詳しい、
「日高義樹のワシントン・リポート」で有名な、
日高義樹さんが駆けつけられ、ご自分でも言って見えましたが、
ジャーナリストとしては異例ともいえる特定候補者応援、
しげとく和彦さんを激励されました。
その理由はワシントンの雰囲気は、
現在の日本の政権を良しとしておらず、
新幹線や原子力発電などの技術セールスは民主党では全てNG、
また、この愛知県のトップが自民党が推す人間でなければ、
この地の対米輸出産業に大きな影響が出るとのことからでした。
多くの皆さんの認識のとおり対米関係は日本にとって大変重要で、
これは聞き捨てならない話しだと思います。
むろん一情報ではありますが、私は真実に近いと感じます。
地方自治の時代とは言え、これからはこうしたことも視野に、
私たちは足下を見つめなければならないと思います。
自民党ももちろん変わらなければなりませんので、
私も皆さんのお話を聞くと同時にしっかり情報収集したことを、
発信するように努力していくつもりです。
2011.01.10 / Top↑
Secret