今日は、久しぶりに朝から市役所で打ち合わせ、会議などをこなし、
いよいよ12月議会に向けて気合いが入ってきた感じです。

まず、午前は会派代表者会議(私は関係なし)のあと、保守系の議員による打ち合わせ会議。
これは先輩議員のレクチャーを受ける形で、とてもためになるいい会でした。
私たち保守系が推す市長になったわけですから、これからも、こうした会合を多く持って、
市民の皆さんのためになる政策を多く実現できるようにしっかりやりたいものです。

午後一番は、本日のメインイベントで、先に提出した20年度予算要望書について、
市長に直接お話させていただく面談で、新政クラブのメンバー揃って市長を訪ねました。
田中副市長、中村公室長も同席頂き、予定時間をオーバーする約40分時間を頂きましたが、
出した要望も多く、メンバーが少しずつ話すだけで時間が来てしまった感もあったものの、
日進市の今後の農業については、市長の持論が炸裂し、
私たちも大いに賛同できる内容で盛り上がりましたし、
私たちがずっと取り上げてきた指定管理者制度について、
にぎわい交流館についての意見交換もできたと思います。
残念ながら福祉や、子育て・教育まで話しがいきませんでしたが、
保守本流の案件として、道路、下水道などのインフラ整備や、
信号機設置など県に関わる各論についても県と国へのパイプと期待される、
田中副市長とも直接お話しし、要望できたことで、
今日の面談の意義は充分あったかと思われます。

このあと、都市問題審議会があり、生産緑地減少の承認の議案、
また都市マスタープランについて地区別意見交換会の報告がされ、
質疑応答がなされました。
地区別意見交換会は2回開催され、いわゆる地元要望ともいえるものから、
全日進に向けての視野の広い意見まで幅広く出されたということで、
担当部局におかれましては、整理調整が大変だったかと思いますが、
今後の運び次第でかなりしっかりした市民参画によるマスタープランができるのでは、
と期待できるものだと感じました。
もともとワークショップ形式で運んでいたと思いますが、
そうだとしても、参加する方々が本当に地域の代表的な方であれば、
偏ったものでない、バランスのとれたものになるでしょうし、
そこへ、コンサルだけに頼らず、プロ意識を持った市職員のノウハウが入れば、
間違いなく素晴らしいプランになると思います。
しかし、問題は、委員からも意見が出ましたが、これをいかに実現するかであって、
絵に描いた餅に終わらせない、手をつけられないまま放置しないことだと思います。
せっかく関わらせて頂くので、私自身もしっかり最後まで見届けたいと思います。

というわけで、様々な話しができた今日一日でしたが、
これで、12月の一般質問のテーマが絞れてきましたので、
今週末にまとめて週明けには通告を提出したいと思います。
2007.11.15 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://nissinforever.blog90.fc2.com/tb.php/128-dc15e4b1