近藤ひろひとです。


文字が小さくて読みづらいよ!というお声にお答えして、

文字を大きくするようにと考えていましたが、

とりあえず行間を空けて読みやすくと思っていましたら、

「ソースが違っているのでは」というご指摘のコメントを戴きました。

何文字で改行というのは、たぶん設定できると思いますので、

文字の大きさも含めて、暇を見て(あまりありませんが)試そうと思います。


さて、12月議会が閉会しました。

議案として討論が多かったのは「にぎわい交流館指定管理者の指定」でした。

「市民参加の活発な街 日進市」の象徴ともいえる「にぎわい交流館」ですが、

ここ3年、市の直営で管理料を含め様々なことが検証され、利用数も増えました。

指定管理制度導入により、コスト削減と市民サービスの向上が図れるかが争点でしたが、

単にコスト削減ではいけませんので、とくに市民サービスの向上がポイントで、

今回の指定管理により夜間の利用がこれまでのように当直へ鍵を取りに行って・・などの、

不便がなくなることで格段に使いやすくなると思います。

もちろん、慣れない間はトラブルも予想されますが、

多くの市民団体が新しい公共の担い手となるよう、この会館を大いに活用できればと思います。

もう一つは「議員定数削減」でした。結果は否決で、定数24名は変わりませんが、

9月議会以来、私も事ある毎に、このことについて発信してきましたところ、

やはり皆さんの関心は高く、人口も伸びて発展途上である本市のことを考えると、

現状維持あるいは増員も結構という方もおられれば、

やはり厳しい財政を考えればここは減員も必要ではというご意見もあり、

正直なところ、議会内でもっと議論をする時間を作る必要があると思いますし、

このあと、3月議会に三度定数減の議案が出るのではと予想するところで、

我が会派でも改めて協議することになるかと思います。

いずれにしても、市民の皆さんから見て「よくやっている」と思われるくらい、

私も残り任期をしっかり頑張って参りたいと思います。
2010.12.22 / Top↑
Secret