近藤ひろひとです。

いや~、びっくりしました。今日午前中、野方のある方を訪ねましたら、
その家の入り口近くの庭に薄汚れた、犬とも猫とも見えぬ少しタレ目の動物を発見!
私を見て逃げる様子もないので、「はて、放し飼いの犬か?」と思いながら中へ行き、
家の方と用を済ませてお話ししていると犬は飼っていないとのこと、
一緒に見に行くと既に居なくなってしまいましたが、幻でなければどう考えても「タヌキ!」
家庭菜園の野菜を荒らされた様子もありませんので、どうして現れたかは?ですが、
他の方のお話では近所でタヌキかアライグマらしいのを見かけたことがあるということで、
そう言われてみれば毛色がマダラだったように薄汚れてみえたので、
テレビアニメの「アライグマ ラスカル」のようだった気もしますが、
いずれにしても、天白川にほど近い竹藪や林といった緑が豊かなこの野方では、
そんな光景も見られるのだなあと感心するやら嬉しいやらでした。
午後はそこと同じような畑や田圃が広がる実家、刈谷井ヶ谷の竹藪に行き、
お日様がポカポカの天気の良い中、23日の祝日香久山小学校で開かれる、
「ミニ門松作り」の材料調達として竹の切り出しと梅の枝を切りました。
小学校へ置きにいきましたら、グッドタイミングで教頭先生が既に準備が進んでいる、
「大門松」の材料にシートをかけたりしておられましたが、
先生方にも香久山かすい(家庭教育推進委員会)やPTA行事のお手伝いをいただき、
何かとお忙しいのに本当にお疲れ様だと思います。
細かい気配りをされる、この姿を見ているとマンモス校への対応というわけでなく、
きっと市内どの学校も同様に教育が行き届いているのだろうと安心します。
12月議会で質問しました「10万人都市を目指す本市の教育は?」について、
こうしたところで言葉でなく実践がされていることを実感しますし、
新設校への分離で不安のある部活動に関しても既にしっかり情報収集をしておられ、
1月・2月の中学校入学説明会に向けてアンケート結果を受けた内容が話される予定と、
お聞きしているので、これからも子どもたちのためによろしくお願いしたいと思います。

というわけで肉体労働が続いていますが、今夜は気持ちよい疲労感でよく眠れそうです。
2010.12.20 / Top↑
Secret