近藤ひろひとです。

出かける用事が多くデスクワークがたまる一方ですが、
今日はようやく一つの課題、宅建協会の「東名だより」に向けての原稿を仕上げました。
紙面1ページ、IT特別委員会についてと過日行われた長久手町との行政懇談会について、
あれこれ考えたあげく何とか書き上げて明日の編集会議に間に合わすことができましたが、
最近、どうもギリギリにならないとやれない状況が続いて反省です。
ギリギリでも普段からぼんやりと案を描いているから対応できているといったところで、
それなりに、うまく対応しているともいえるかもしれませんが、
いずれにしてもあまりせっぱ詰まってはいけませんので、早め早めにを心がけたいもです。
「早めに」といえば年賀状。郵便局ではもう受付は始まっているそうですが、
皆様はいかがでしょうか?まだまだと言う方も多いのでは?
私の場合、来年の選挙に向けて紛らわしいことは避けたいので一切無しに!
とはいかないまでも、かなり限られた範疇の年賀状となるので、
これまでの交友関係がとぎれてしまいそうで何だか寂しい感じがします。
ただそのように少なくなってもやはりギリギリになってしまいそうでいけません。
自分の子どもたちには「段取りよく素早くやりなさい」と言いながら、
決して見本になれないなあなどと思います。

とりとめないことを書き連ねましたが、今日もいくつかの陳情をいただき、
当局へ問い合わせ対応を協議してもらうといった仕事も入ったりしますが、
やるべきことを順序立てしっかりやっていこうと思います。
たしか以前「○○教授の仕事術」なる本が流行ったと思いますが、
私なりに自分自身やっていることをいつかそんな風にまとめてみたい気もします。
見本にもならないからダメか!!ホッとブレイクでした。
2010.12.16 / Top↑
Secret