近藤ひろひとです。

昨日の天気予報でこれまでの暖かさから一転して寒さが厳しくなると言っていたので、
今日は少し厚着をして出かけましたが、さほどでもなく思わず拍子抜けでした。
天気図なども技術の進歩でアニメーションのように動いて時間毎のものが見られ、
またピンポイントでの予報も可能となるなど私の子どもの頃とは違って、
かなりの精度で的確な予報が出されているはずなのに、
ちょっと先の予報はまだまだという部分もあるということでしょうか。
所詮日本は四季があり、極端に寒くなくとも冬は冬です。
その度合いが多少はずれるのもご愛敬ともいえるとおおらかに考えたいものです。
今日は「大雪(だいせつ)」ということで、本格的に雪が降る時期だということですが、
これもあくまで昔の目安ともいえ、地球温暖化の影響を考えればずれても仕方がありません。
もう各ご家庭ではこたつやストーブは準備も済んでおられることでしょう。
いつから寒くなる・・などとのんきに言っているだけではいけませんが、
あまり肩に力を入れていてもしかたありませんので、自然体で参りたいと思います。

2010.12.07 / Top↑
Secret