出掛ける間際の突然の来客、あるいは商談の話しが佳境に入ったときの電話など、
普段から皆さんも「この忙しいときに・・・」と思われることがおありだと思います。
私について、今日はそう言ったことが多かった一日だった気がしますが、
こうした一時のことではなく、日頃の忙しさの中でこのようなことも実はしょっちゅう。
つまり通常ならあまりないことが起きて、予定を変えざるをえないという事態です。

今日は、朝一市役所で議会広報特別委員会の委員長と2人での打ち合わせのあと、
先日改めて、後援会長を受けてくださったIさんと一緒に市内の何カ所かを訪ね、
数人の方にご挨拶、あるいは人によってじっくりお話しをさせていただきました。
大変厳しいご意見をくださる方もおられたりして、こうした考え方もあり
今後の政治活動を心して進めなければならないと反省させられるお話しとして
とても有り難く聞かせていただきました。
こうしたいただいた話しについても機会があれば披露したいので、
月末の折戸公民館で開催予定の議会報告会あたりで報告できればと思います。
おっと詳細を書いておきますが、今月最終土曜日10月30日(土)午後6時30分から、
日進市折戸公民館において、「いつまでも日進の会(近藤ひろひと後援会)」による、
近藤ひとひと議会報告会を開きますので、どうぞお越しください。
ちなみに来月20日(土)午後7時から浅田区民会館でもありますので、
どちらかお近くの方で来ていただければと思います。
もちろん、両方とも来ていただいて結構ですが・・・。

ところで、皆さんはここまで読んで、タイトルに「議会広報」とあるので、
「んっ、議会だよりで何かあったのではなかったのか・・」とお思いだったと思いますが、
そうなんです、見出しというのは人の目を引くと言う意味で大変重要で、
当然の事ながらその見出しの内容が書かれていると思って読まれます。
ところが中味がそれに近いが、実は関係ないものだったらいかがでしょう。
きっとお忙しい方ですと事実と違っても見出しだけを頭に入れてしまうこともあるのでは・・。
私の責任において書いている通信やあるいはこうしてブログであれば、
「何だか、あいつの言うことはおかしい・・」ということでしょうが、
公の広報誌であったら、ましてや議員の書いたものであったらどういったことになるか。
何だかまどろっこしい書き方で、恐縮ですが、今日はこんなホッとブレイクにしておきます。
2010.10.14 / Top↑
Secret