今日、10月10日は昔なら固定した「体育の日」でしたが、
明日がその振替え日で祝日をいうことです。
などということはさておき、昨日の雨が嘘のような晴天の下、日進市内各神社でお祭りでした。
私も今年は日進へ来て初めていくつか覗かせていただきましたが、
実家のお祭りを思い出させる楽しい一日となりました。
浅田祭り
浅田では「棒の手」演舞の奉納。
折戸祭り
折戸では大人も子どもも交えたお囃子、
米野木おまんと
米野木では写真で何度もみたことのある「おまんと」を初めて生で見て感激しました。
米野木餅投げ
それぞれ「餅投げ」もありましたが、私も投げ役にしていただき、
とにかく今日一日は秋のまつりを満喫させていただきました。
それにしても、白山宮の宮司さんのお話しにありましたが、
今日のようなお祭りが昔からと人とを結んできたわけで、この伝統を守らなければならない。
新しい住宅地の方々もうまくこうした地域伝統行事の輪に加われると、
日進市ももっと良い街になるのではと改めて思います。
もちろん、住民の意識が大切で同様の思いを持てるようになることが前提ですので、
私としては、いろいろな場面でそうしたことに繋がる努力をしたいと思います。
来年は選挙の年ですが、新旧住民の対立を助長するような馬鹿な運動だけは止めにして、
建設的な議論、政策のぶつけ合いになるようにしたいものです。
2010.10.10 / Top↑
Secret